読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノケカフェ

いつまでたっても空想妄想大好きな妻「モノノケ」と、超現実主義者の夫「クラゲ」の日常のハナシ。

お利口さんでいる窮屈さ

ありとあらゆるSNSやっています
「自分」を知られてしまうと、呟きにしろなんにしろ自動ブレーキをかけるのは昔からの癖
お利口さんでいたいわけじゃないけど、モノノケは常識人という枠にぐいぐい押し込まれ、自らはまり
気がついたら非常識な方々を不快に思う、自称常識人な方々から愚痴を聞く

非常識って「自由さ」でもあるんじゃないかな

常識は多数意見がルール化した結果な気がする
自称常識人な方々には決して伝えないけど

クラゲさんは多数意見からみたら、びっくりするような非常識な部分たくさんある
でも、それは長年一人で過ごしてきたから「教わらなかった、知らなかった」ことでもあると分かってから、きちんと説明するようにした
それを踏まえたうえでどう行動するかも任せた
クラゲさんの非常識な部分、困ったなと同じくらいに愛しいからね

私の仕事は妄想や空想を文章にすること
妄想や空想も非常識な部分かもしれない

まあ、あれ
自分が正しい!なんてのが
案外非常識