モノノケカフェ

いつまでたっても空想妄想大好きな妻「モノノケ」と、超現実主義者の夫「クラゲ」の日常のハナシ。

モノノケ、またもやハードプレイ

結論から言えば移植はまったく痛くなかった!移植だけならなんどだってトライできる

肉体的にも精神的にも

 

当初移植は、点滴やまた座薬の麻酔する?と心配したのだけどなかった

 

13時に予約で、14時まで待合室で待機

看護師さんから今日の話を聞く

「今日移植時間未定なんで、とりあえず控え室に移りましょ」と、奥の部屋へ

私は三番目で前回採卵したときと同じベッド

この控え室は、四台しかベッドがないので5番目以降移植の方は待合室でまたなきゃいけない

 

いつ呼ばれるかなぁ

緊張感…しかもまだ手術着でもなくすることもなくまだ膀胱に水分ためなくていいからトイレも自由

移植時は膀胱に水をためて、エコーでみながら移植をするので水分が肝心

肝心なんですよ

 

気がつくと17時、まだ……?

時折看護師が「すみません、先生診察目処たたなくて……」人気の病院だから仕方ないしこちらも馴れたもの

そろそろ18時になるころ

「すみませんっ!!いまから始まります!!」

ええっ

まだ洋服…

おもむろに手術着とシャワーキャップみたいの渡され「すぐ着替えて!」

お、おう……

 

あれー?点滴や座薬ないんだと、ここでようやく把握

 

隣接する手術室では10分くらいの滞在

名前、生年月日をいうあいだに

先生がクスコ入れ洗浄し……

「全然水たまってないじゃん!」

そ、そりゃ急に言われたから……

このときの移植組は皆さん水足りずカテーテルプレイされましたよ

 

あっというまに終わり、最後にエコーで移植された胚がまるっこい白いものを見せてもらいました

「感動するでしょ、着床するんだよ。これが」

思わず

「へぇー」

と薄い反応に

「妊娠はもっと感動するよ」

まったく実感わかない

こんな丸い白いのが本当に??

3分身体落ち着かせる

 

ストレッチャーでベッドに戻り20分横になる

その間に今日移植した胚の写真入りグレードの紙を渡される

グレード3、8分割くらいのだった

4個培養した残りは紙には記載されてなかったからダメだったのかな?

あと6個かぁ

などふとよぎる

 

2週間後に妊娠判定

次は、判定待つ間のことなど…