モノノケカフェ

いつまでたっても空想妄想大好きな妻「モノノケ」と、超現実主義者の夫「クラゲ」の日常のハナシ。

モノノケのやる気スイッチ

よく、妊娠安定期に入るまでは体調の上下があって出来ること出来ないことがあるとはネットなんか見てわかってたつもりだった

 

つわりは軽いけど、夕方から夜に体調が落ち込んで食欲はないし、本読む気もおきず、ソファに横になりテレビを見るともなしに眺めてた日々

すきあらば寝てたし

クラゲさんは夕食終わると寝るまで勉強してるから特に会話もなく同じ居間にいながら別々のことをするのはお互いに気にならないので楽

 

夕飯の支度はなんだか手のこんだことが出来なくて、魚焼く臭いが本当につらいけどなんとか焼いて、サラダ、惣菜、お味噌汁、ご飯とシンプルで質素な食事

クラゲさんは文句言わず食べてくれることに感謝

 

なにより私掃除が出来なかった

ダルい、かったるい

でも埃はあるから掃除機だせないけどクイックルワイパーな日々

 

段々とつわりによる体調不良も昨日はあったり今日はなかったり

体調のいいときにやれなかった家事を素早く徹底的に出来るくらいにはなりました

無理しない

なかなか実行できないけど、家ではがんばらないことも妊婦には必要かな

外に出たら妊婦でも頑張らなきゃならないことは多々ある

仕事や通勤、買い物だって立ち向かわなきゃならない

 

せめて家では「怠けてる」と思われても怠けていいかなと

食事の支度で勘弁してくださいって気持ちで掃除は手抜きしちゃいました

 

クラゲさんは気づいてないのか、目をつぶったのかなにも言わなかった

それもまた私の気持ちが楽だったひとつ