読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノケカフェ

いつまでたっても空想妄想大好きな妻「モノノケ」と、超現実主義者の夫「クラゲ」の日常のハナシ。

クラゲさん、プレパパ学習

区や市で母子手帳を発行してもらうと、マタニティ学級やパパママ学級など取り組んでいることを知る

普通は安定期から参加なんだけど…相談したら即、近い日にち空いてます!みたいな流れになってクラゲさんとパパママ学級に参加してきました

参加人数は50人くらいかなぁ、二時間半の内容は

NHKスペシャル「お父さんへ~赤ちゃんからのメッセージ」を試聴

・旦那さんが七ヶ月の妊婦体験

・赤ちゃんの着替えのしかた

・赤ちゃんの沐浴

・先輩パパママの話

保健師さんの話

結構あっという間でした

 

七ヶ月の妊婦さんの体験は、10キロ!

背負うのではなく前に抱くのはなかなかに大変なようで、クラゲさん寝転んだら起き上がるのに四苦八苦

「実際女性は筋肉少ないからもっと大変だよね……」とクラゲさんの感想

 

私は従兄弟の中で一番年上&親戚付き合い濃厚だったので、10歳頃に赤ちゃんをあやしたり、オムツを替えていたので赤ちゃんに抵抗がない

ベビーシッターもやってたし

 

クラゲさんは赤ちゃんに触れる機会がなかったので全てこわごわと(笑)

赤ちゃんの着替えでは、腕がうまく抜けない通せない、オムツどうやって替えるの?とあたふた

沐浴では腰くるなぁとぼやきながらおっかなびっくり丁寧やってました

なんとかサマになってましたよ

 

私はクラゲさんに望むのはイクメンではなく、育児や家事に積極性でもなく、生まれてくる我が子に無関心でなければいい

単純で簡単なことしか望んでいません

ま、知らないより漠然とでも知っていた方がいいかな?と今回参加を決めました

たぶん、あれやこれややってくれるかもしれないけど、一番は私が稼げない分ただ普通に働いていただければそれだけでありがたい

実際、育児は親の思う通りになんか絶対にいかないだろうなー(笑)

 

最近は荷物持ってくれたり、大好きな焼き芋買ってきてくれたり行動に優しさが見え隠れしててうれしい

その優しさに私も甘えてばかりじゃダメで、クラゲさんをできる範囲で労る

寝る前に軽くマッサージしてあげたり

夫婦って他人だから、いたわりあって尊重しあった土台があって支えられる

大切にしなければ大切にされないんじゃないかなぁ