モノノケカフェ

いつまでたっても空想妄想大好きな妻「モノノケ」と、超現実主義者の夫「クラゲ」の日常のハナシ。

26週のモノノケ

26週の検診+糖負荷(75g)検査の日でした

朝8時半からの検査、クラゲさんも有給使って同行してくれたので車で病院まで…

電車でも車でも小一時間かかるので、出産時どうなることやら

いや、もちろん車ですけれども時間帯によってはタクシーで病院もありえるし時間も読めないしなるようにしかならないのでしょうけれども色々考えると不安ばかりですね

 

8時半前に到着して、すでに人混み…この総合病院はいったい何時からやっているんだ

いや、8時半前なので受付には人不在ですし、場所によってはシャッター降りているんですが受付機はあるので患者さんは番号札引いてジリジリ待機しています

9番目でした

まずは採尿提出して、採血に呼ばれるまで待機

前回、前々回と蛋白出ているので今回は尿検査もちょっと詳しく精度あげるって言ってたな…蛋白出ませんように!

そして採血…私の予想では空腹時、1時間後、2時間後と3回採血なんでしょーと最初からテンションだだ下がり

…予想通りでした

採血のプロなので上手は上手ですが、左腕、右腕、左腕と3回目の左腕が最高に激痛だった

多少乱暴にしても人間の身体大丈夫なことは重々わかっているんだけど

痛いモノは痛いし、怖いモノは怖い

前日夜ご飯最後に結局13時まで食事出来なかったので、手が震えたりなんかギリギリ飢餓状態やばい感じでした

採血の合間は本当にやることないので、クラゲさんと院内ウロウロしてました

食堂覗いたり、コンビニ覗いたり、入院病棟覗いたり…

合間に採血挟んでいるけど意外とそんなことで2時間潰せてしまいました

お互い本持参したのに全然開く間も無かった

 

採血する部屋の裏側は研究室みたいになってて研究員みたいな職員の方々が即血液を遠心分離機にかけたり成分パソコンでみたりと、慌ただしい様子も見れる

おかげですぐ結果がわかるので患者さんとしてはありがたいのかも

 

採血があったので、産科検診の順番飛ばされてしまい順番が午前中一番最後になった

初っぱなから「糖負荷検査3回採血、全部ひっかかって数値的にも高めなので管理入院しましょうか…」え、いきなり…それか

全員のため息とともに診察がはじまる

クラゲさんも初の産科検診同伴に挙動不審

横になって腹囲と子宮底長を測る。腹囲は変わりなし、子宮底長は2センチ伸びてた

エコーで2週間ぶりの赤ちゃん!

思わずクラゲさん立ち上がるw先生もクラゲさんに見えるようにモニターずらして説明してくれている

1㎏くらいの重さになり平均的な重さ、とくに見た限り問題なし順調に成長している

男女は?今回はしっかり男の子のシンボルが見えました~でも、前回のヘソの緒の太さ考えると確実じゃないって

どっちでもいい!でも一応男の子と思って準備出来るので一安心

これで女の子だったらそれはそれでおもしろい

 

蛋白今回も出たのですが、詳しく見ると問題なしとのこと

それよりも糖負荷採血全部アウトでした

10、20数値が高い

産科からすぐ内分泌科に案内され

食生活を細かく聞かれ「まず間食やめましょう」即答

そして「来週いつから入院できますか」

マジかー

 

指導入院4日間決定しました

 

最後に心電図とって長い診察が終わりました