モノノケカフェ

いつまでたっても空想妄想大好きな妻「モノノケ」と、超現実主義者の夫「クラゲ」の日常のハナシ。

入院2日目

深夜のバルーン失敗時絶叫のおかげ?か、疲れ切って逆に爆睡できました
朝7時のNSTで5分間隔の陣痛の波形出るもエコーでは位置が高いので出産に繋がらないと言われる、波形は陣痛でも本人全く痛くないので「はあ、そうですか」とか言えない
あんなに痛い思いしたのに子宮口は3㎝…あれ?
バルーンの痛みが相当強烈だったらしく、他の点滴刺してる針とか陣痛の痛みにすっかり鈍くなる

なんとなく…今日も出産なさそうだなと予感したのでクラゲさんには休まず仕事行ってもらった
母にも来なくて大丈夫って伝えたけど、暇だから夕方顔出すよーって言われた

朝から陣痛促進剤オキシトシンを30分間隔で投与量増やして出産につなげる
2分おきの強陣痛来て汗もかくし呼吸も乱れる中、お昼ご飯を食べるのはなかなかしんどいけど体力つけとけっていうから無理矢理食べる
夕方まで促進剤やってたんだけど、ダメ
点滴止めたら陣痛もぴたりと止まる
エコーで調べると位置はちょっと下がった程度(ヘソあたりにいたのが、骨盤にさがった程度の移動)促進剤の時は胎児も活発に動いてたんだけど、疲れたのか促進剤止めたら振動あたえても完全に爆睡状態で起きもしない
「よっぽどお腹の中にいたいのねぇ」と看護師さんも笑うしか無い

促進剤止めて夕食食べていたら主治医登場
破水から48時間経過のリミットが迫っている。徐々に雑菌が私の体内入っているために採血結果がどんどん悪化傾向になっている

・明日朝一に緊急帝王切開(緊急だから空き時間になる、麻酔20分、出産10分、縫合などで計2時間の手術)
・明日午前中いっぱいまで今日とは別の促進剤で挑戦、ダメなら午後緊急帝王切開

…なんかそれもう緊急帝王切開っていわれているんじゃないのかな?って、幸い胎児は元気いっぱいなのでそこは安心だけど、その「元気」がいつまで大丈夫かなんて保証はされていない
羊水流れ出てて、もう自分の疲労の限界も来てたので…とても怖がりで痛いの大嫌いな私だけど一番に赤ちゃんの無事を祈ったし、なにより早く会いたかった

「朝一で緊急帝王切開お願いします」

迷いはなかった
不安はあったよ、手術失敗したらどうしよう、死んだらどうしよう…たかが帝王切開でなに言ってんの?って思う人もいつかもしれないけど、帝王切開だって外科手術で、死のリスクが0じゃない
でも、この子はたぶん自然分娩では出てこないって確信があった
なんだろうね、根拠ないんだけど

母はその時に同席してたので、明日手術終わったあたりで父と来るとなり、クラゲさんにも明日帝王切開になったので仕事休んでもらうように連絡した

いままで産婦人科でお世話になっていた先生とは別の先生が執刀医になるということで挨拶にくる
小西真奈美に超似てる…ので小西先生とする
手術なので夕食後から絶食、飲み物は当日8時までOK…ほか詳しく手術の流れを聞く

怖いけど明日のお昼には誕生するんだっ!って思ったらワクワクもあった
そんな子かな、エコーでしか見たことないからどんな顔してるのかなって

人生初の浣腸もされ…破水はだらだら続いているので今日も当然入浴できず、促進剤で陣痛時に大量の汗かいて気持ち悪いけど我慢
温かいウェットティッシュで看護師さんに身体拭いてもらって就寝
思えばこれが最後の安眠だった
次の安眠まで…3ヶ月後なんて