読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノケカフェ

いつまでたっても空想妄想大好きな妻「モノノケ」と、超現実主義者の夫「クラゲ」の日常のハナシ。

まな板のモノノケ

体外受精第一歩ともいえる卵胞摘出しました

 人生初なことばかりでいまだ進捗状況が掴めていません

 

連日、自己注射したり病院で注射したり、採血で両腕アザだらけと完全な薬物中毒

体内の数値もなかなかやばいことに

ぎりぎりまで体内で大きく育てたいから、卵巣?が圧迫され苦しい

正しくはそばにある腹膜が痛いらしい

左側の卵巣は癒着までしてないけどくっついてるから、よく痛みは感じるはずですと先生に言われる

そう、いつも左側が痛い

 

36時間前に排卵促す注射を前々夜指定時間に自分でキュッと

前日18時.24時に座薬の痛みどめ

23時以降は絶食、ただの水はOK

座薬はーなんか気持ち悪い、大したことはないのだけど

 

当日、クラゲさんにも仕事前に協力してもらって「検体」と共に朝8時半に病院へ

事前に4番目と聞いていたので、すべての様子がわかってしまう

即、採血&検体を預けたらベッドに寝かされる

麻酔がきく注射、点滴はまだ生理食塩水

初体験の点滴は見た目は管繋がってるから痛そうだけど、繋がっちゃえばさして痛くなかった

でも見た目で痛そうだから早く抜きたい気持ちいっぱい

こまめに血圧と心拍チェック

先に手術の方々はだいたい手術室入って長くても20分くらいで出てくる

 

そんな訳で次に続く